Mary Magdalene cast

「贖いの背」での主要人物と、勝手に作った人物の紹介です。
人狼BBSに元々居るキャラクターは「★」マークがついています。
★ジムゾン・フォン・ルーデンドルフ Simson Von Ludendorff

ベネディクト会所属の司祭
ケルン大司教領南西にある辺境領主とバイエルン王女マリア・アンナとの間に生まれる。長らく人狼としての生に疑問を感じ、心を壊しかけていた所をアロイスに救い出されて修道院へ入る。そのうちに司祭叙階を受けてベルク公国辺境の村へ配属となり、ディーターと出会う。血の宴に勝利した後はディーターと共に旅を続けている。
★ディーター・ヘルツェンバイン Dieter Hoelzenbein

放浪のならず者
ディトマルシェン共和国で生まれ育ち、旅の途中で力を見出されて傭兵となる。やがて傭兵団はティリー伯に招集され、ディーターも次々と戦果を上げる。が、一番の戦果を挙げた北方の小村ルッターでの戦いを機に傭兵を辞めて旅に出る。 辺境の村でジムゾンと出会い、その後一緒に旅をする事に。
★シモン・テオ・フォン・ベルネット Simon Theo Von Bernet

バイエルン軍の負傷兵 [轍のバラッドで登場]
南方チロル伯領の出身。チロルの貴族の家に生まれ、幼い頃から騎士物語を聞いて育つ。騎士に憧れてバイエルン軍に仕官し騎兵となるが、リュッツェンの戦いで負傷し、以後インゴールシュタットで療養している。
★エルナ・ツァイス Erna Zeiss

仕立て屋 [轍のバラッドで登場]
南方チロル伯領の出身。インスブルックで代々仕立て屋を営む家に生まれたが、生まれて暫くは病弱な母の療養の為山間の町で母と二人で暮らしていた。しかし後継ぎだった父が急死してからは、インスブルックで男として育てられた。その後帝都プラハの一流店で修行を積んでマイスター称号を獲得した。シモンとは幼馴染で、偶然立ち寄ったインゴールシュタットで再会を果たす。
マテウス・ゴットリープ・フォン・ブランシュ Matheus Gottlieb Von Bransch

インゴールシュタット城主 [轍のバラッドで登場]
バイエルン大公の妹婿で、ジムゾンの叔父にあたる。現インゴールシュタット城主にしてバイエルン大公の顧問官。快活な性格で温厚だが、負傷したティリー伯を匿い、新教軍の猛攻から城を守りきった実力者でもある。
ロタール(・テオドシウス・フォン)・ギレッセン Lothar Theodosius Von Gilessen

ドミニコ会の異端審問官 [轍のバラッドで登場]
モラヴィア辺境伯領の出身で、皇帝軍に所属していた事もあった。ヴァレンシュタインとは盟友だったが、彼が罷免されると同時に皇帝軍を辞した。以後僧籍に入るが、わけあって半分は俗世に身を置いている。インゴールシュタットでジムゾンらと出会い、ウィーンでは思わぬ再会をする事に。
ヨハン・メーリヒ Johann Mahlich

ドミニコ会の修道士見習い [轍のバラッドで登場]
ひょんな事から僧籍に入り、ロタールの部下として見習い修行をしている。
★ヴァルター・ローエンシュタイン Walter Lohenstein

辺境の村の村長
かつては神聖ローマ帝国皇帝顧問官、宮中伯の一人だった。妻が病がちで、その療養のためという名目で職を辞して故郷の村へ帰った。しかし村での平穏な生活は長く続かず、傭兵によって村を蹂躙され妻を殺された結果、狂人となる。血の宴では霊能者を騙り、ディーターらによって襲撃された。パメラの父でもある。
ルドルフ・フォン・ベルガー Ludolf Von Berger

バイエルン軍の指揮官
バイエルン貴族ベルガー家の私生児で、幼い頃はベルク公国の辺境の村で育った。のちに嫡子と認められ、皇帝軍に所属する。ジムゾンとは幼い頃からの知り合い。ルッターの戦いでディーターが人狼である事を知り、その力に危機感を感じて単独でディーターを追い続ける。とある所でディーターを見つけ出し、追い詰めるがジムゾンによって襲撃された。
★フリーデル・ペティレク Fridel Petyrek

シトー会の修道女 [黒い森の復活祭で登場]
ルドルフの婚約者だったが、ルドルフが殺された事を知り一時は正気を失いかけた。その後シトー会の修道院へ入れられ、修道女となる。ドナウエッシンゲンで出会ったジムゾンらに復讐しようとするも、ヨハネスに阻まれて断念する。
★アルビン・グラーツ Albin Glaz

行商人
実は大富豪オッペンハイム家の人間で、アルビンという名は偽名。本名はアルフレート・オッペンハイム。ユダヤ人である事や、妾腹であった事から思い悩んだ末に出奔。身の上を隠し、行商人として各地を旅して回る。辺境の村でゲルトと知り合い、その依頼でドルイドベルを探していた。やがて辺境の村で血の宴に巻き込まれ、処刑されてしまう。
★クララ・イェーガー Clara Jaeger

ウィーン宮廷図書館司書の助手 [湖畔の盟約で登場]
スイス誓約同盟はチューリッヒの出身で、スイス改革派長老教会の新教徒。スウェーデン軍の傭兵として皇帝軍の捕虜になった兄達の行方を知るためウィーンへ出向いてきた。図書館司書のライナーに助手として雇われていたが、ひょんな事からウィーンを追われる事となる。
ライナー・フォン・ケッセルリング Rainer Von Kesselring

ウィーン宮廷図書館司書 [漂泊の紡ぎ歌で登場]
ハンガリー王国の出で、司書と兼任で顧問官も務める。放浪の身だったクララを助手として雇い入れていた。ヴァルターの友人でもあり、意見も同じくしていた融和派。生い立ちの負い目もあり、議会での立場が徐々に不利になった事から、最近は宮中へ行く事も少なくなっている。
★トーマス・クロイツァー Thomas Kreutzer

辺境の村の森の木こり
生粋の狩人の家に生まれたが、それを生業にはできず傭兵として生きてきた。若くして傭兵団の団長となり、ボヘミア・プファルツ戦争ではヴァレンシュタインの陣営に属していた。スウェーデン戦争を前に兵団を辞し、故郷の村で木こりとして生活を始める。やがて血の宴に巻き込まれた際に感情が邪魔をして悉く守護に失敗する。真実に近付いたものの、襲撃されてしまった。
リヒャルト・マルコルフ・フォン・カペル Richard Markolf Von Capell

神聖ローマ帝国書記官 [暁の葬送で登場]
ライナーと対立している保守派。ヴァルターが議会に居た頃は大人しくしていたが、居なくなってからはライナーへの攻撃を強め、今や嫌がらせの域にまで達している。一種狂信的とも言える根っからの旧教徒で、議会での影響力も大きい。
Druid

あちこちで登場するドルイド達。
★ニコラス・アッヒェンバッハ Nicolas Achenbach

旅の吟遊詩人
人狼の伝承と、その真実をディーターとジムゾンに伝えた。辺境の村での血の宴の後はどこかへと旅立つ。
ドルイドの中では最年少の弾唱詩人で、何時の世でもラピスラズリの耳飾りを身につけている。
アロイス・ハイゼンベルク Alois Heisenberg

ベネディクト会所属の修道士
マリアラーハ修道院副院長でもあったジムゾンの師。実はジムゾンの伯父であり、王位継承者でもあった。イエズス会に感化されたオーストリアの暴走に危機感を抱くが、人狼であった為家を継ぐに継げず均衡を狂わせまいとして失踪した。その後平民に身を窶し修道士となり、同じように苦しんできた妹(ジムゾンの母)を遠くから見守る。ジムゾンを守る為に院長を襲撃し、処刑された。
ドルイドとしては祭祀を司る長である。余談だが、ドルイドベルは元々アロイスの持ち物である。
ヨハネス・エルツベルガー Johannes Erzberger

シトー会所属の司祭 [黒い森の復活祭で登場]
ドナウエッシンゲンの神父。ニコラスよりも少し突っ込んだ伝承を聞かせ、アロイスがジムゾンの伯父であった事実と、その生い立ちについても聞かせた人物。
ドルイドとしては祭祀の助手であるが、人狼の法の担い手としては実質の取りまとめ役でもある。
(これまでの転生の記憶の中で、人情で手を緩めがちなアロイスに比べて勝率が高いのも理由の一つ)
マクシミリアン・ゴルツ Maximilian Goltz

ディトマルシェンの司祭
ディーターの名付け親となったディトマルシェンの神父。ディトマルシェンで孤児院を営んでいたが、占い師でもあったため血の宴で襲撃された。触れると人狼か否かを判別できる特殊な護符・トルクを持っていたが、トルクは死後ザンクトブラジエン修道院に送られた。
ドルイドとしては語り部である。

※「ae」はウムラウトa、「ue」はウムラウトu

back